そして待望の雨♪

ようやく、待ちに待った雨の日となりました。何しろ、いくら水撒きをしても撒いたところから湯気が立ち上るぐらい、まさに「焼け石に水」状態で、芝生の上を歩くとカサカサという音が聞こえますし、緑(のはず)の芝も既に殆どが茶色になってしまって、「雨よ降れ~っ!!」と連日祈るような気持ちでいたのです。

天気図を見ると、かなり大きな雨雲が固まりになって西のほうから迫ってきている・・・というのはほぼ毎日のことなのに、なぜか我が家のあるデラウェア郡の丁度手前でその雲が真っ二つに別れて(爆)デラウェアの北と南には大雨が降っていると言うのに、私達のところでは一滴の雨も降らず・・・ということになっているんですよね。余談になりますが「マジソン郡の橋」という映画、ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、あの「マジソン郡」は、我が家から車で1時間ほど西に行ったところにあるんです。あの辺りは雨雲があれば「必ず」雨に恵まれるところなのですがマジソン郡を通って、ユニオン郡に到達した辺りでどうしても雲の動きがヘンなことになってデラウェア郡には雨が降らない・・・というのがずっと続いているんです(苦笑)。一体、何がどうなっているのやら?!

今日は朝から80%の降水確率だったので期待「大」で待っておりました・・・が、ようやく降り始めたのは午後の4時過ぎ(笑)。それまでは、物凄い風とともに瞬く間に空が暗くなって・・・と「いよいよ」の雰囲気をかもし出しながら、あっという間に晴れ間に逆戻りを繰り返していました(笑)。

あむは、起きるなり38度の熱を出していましたから、実はこの「外へ出たくてもイマイチ雲行きが・・・」というのは絶好の(?)天気ではあったのです。やはり、晴れてくると外へでたくなりますし、あむのように風邪をひいて熱がでても食欲と元気はほとんど衰えない子の場合、今日は具合が悪いのだからなるべく家の中で安静に・・・などと言っても無理なわけです。前回、プールで大はしゃぎしていたのは火曜日のことなのに、すぐこうして調子が悪くなってしまうというのは一体どうしたことなのでしょうね?

そして、ダニは・・・というと幸い、咳はまだ続いていますがそれも起き掛けに酷いだけで、日中はほとんど咳とは無縁でいられるのでどうかこのまま回復して欲しいと思っているところです。最近は、あむとよく遊ぶようになり(あむは元々構ってもらうのが大好きなのですが、ダニが今まではあまりあむに興味を示さなかったのです)私が台所に立っている間にダニの部屋から子供達2人の笑い声が聞こえたり・・・と以前では想像もできなかったような子供達の様子に思わず微笑んでしまうことも多々あります♪

やっぱり、ダニを一人っ子にさせなくて良かった・・・と心から思う今日この頃です。私自身、3歳下の弟がいるのですが、ダニを見ていると自分の子供を見ているのか、幼い頃の自分の弟を見ているのか分からなくなってくるほど、二人の姿が重なります。姉の私がこう言うのも何ですが(笑)、私の弟と言うのは小さい頃から本当に性格の良い子で、誰からも好かれ、友達も多く、いつも周りにいる人たちを楽しませるツボを心得ている人なんです。・・・そんな弟をネタに今までいくつもの作文を書いて表彰されたことか(爆)。あれは、私の文才というよりもそこに書かれている弟の人柄が読む人の心を和ませたんでしょうね、きっと。

ダニにも私の弟のように、誰からも好かれる素直な良い子に育って欲しいと思いますし、いつまでもあむと兄妹仲良くしていって欲しいと思っています。


・・・あれ?何だか今日はちょっといつもと調子が変わってしまいました(笑)。きっと、夕方にダニが私の顔色を窺いながらいたずらをしようとしたときに思わずダニ!と言わずに弟の名前を呼んでしまったからかもしれません(笑)。・・・体に染み付いた習慣とは恐ろしいものですね(爆)。


では、前回ご好評いただいたダニ&あむの後姿をもう一度♪・・・あむがいかにデカ女なのかがお分かりいただけるかと思います(笑)

c0079011_10511393.jpg


本当は、あむは椅子から落ちないようにダニにつかまっているのですが、2人がこのポーズになるといつも「しっかりしてよ、おにーちゃん」とばかりにダニを後ろから支えているようにしか見えないのが不思議です(笑)。

明日はあむの2歳児検診。2年前のこの日の夜、あむは元気に生まれました。先生が間に合わないのではないか・・・というぐらい、あっという間に出てきてくれた親孝行な赤ちゃんでしたっけ(笑)。今週の土曜日は、グランパ&グランマの家にてまたまたあむのバースデーパーティーが催されることになっています。きっとまた、あむよりもダニが大喜びすることでしょうね(笑)
[PR]
by kamenikki | 2007-06-29 10:55