ビックリしました・・・

まずはこの動画をご覧ください。







突然どうしたんでしょう?心臓?呼吸器?? 嫌なことばかりが頭をよぎります。 夕べ、5分ほど庭に出た後に戻ってきてから、こんな風にまるで息が吸えなくて苦しんでいるかのような状態になりました。

そるも9歳、大型犬であることを考えればいつ体の調子が悪くなっても不思議ではありません。


朝一番に獣医さんのところへ電話をすると、何と今日は獣医学会なるものに出席しているということで、二人いる獣医さんはお留守とのこと。事情を説明すると「じゃ、先生に見てもらいますからその動画を送って下さい」とのお返事。

iPhoneで撮って良かった・・・と思いつつ、まずは獣医さんのオフィスに動画を転送。それから2時間ほどして獣医さんから電話がありました。動画を見た限りではReverse Sneeze (直訳すると、反対のくしゃみ??)のようなので、心配はいらないとのこと。日本では何と呼ばれる症状なのかは分かりませんが、シニアの大型犬によくみられる症状で、場合によっては子犬のときに発症することもあるそうです。一種のアレルギー疾患だそうですが、投薬や治療の必要もなく「その名の通り、くしゃみ程度に考えてください」とのことで、まずは一安心。病名をネットで調べると「まるで発作か呼吸困難を起こしているような、そして息が吸えなくなっているように見えるために飼い主さんは慌てることが多いですが、心配はありません。余りにも頻繁な場合には抗ヒスタミンを処方されることもあります。」


安心したところで改めて動画を見てみると・・・確かに通常のくしゃみとは反対に、くしゃみを吸い込んでいる(?)ように見えなくもないかも・・・



ちなみに、動画の中で「ちな、泣いちゃった・・・。ちな、泣いてるよ」と自分も涙目になりながらそるを心配していたのはもちろん心優しいダニでした。「ちなが可哀想だから、ボクも泣いちゃうから、野菜食べられない・・・」と野菜にはまったく手をつけずに夕食を終えたダニでした。
[PR]
by kamenikki | 2012-02-24 03:43 | そる